理学療法士 求人・募集に強い転職サイト

現在、理学療法士へ転職をお考えの方に転職活動で役に立つ求人・転職情報をご紹介しています。

保険点数の減少による給料ダウン

転職で給与アップするケースもありますね

理学療法士の悩みに保険点数の減少による給与ダウンがありますね。

病院での診療報酬が下がり続けていますので、理学療法士にも影響が出ています。一昔前と比べて稼げるお金が半額になっていますし、1日に担当できる患者さんも制限されているんですよね。

それにより病院全体の収益がダウンしているため、人件費削減から理学療法士の給与も上がりづらくなっています。それだけならまだしも、病院や施設によってはリストラの可能性もあるのではないでしょうか。

また養成校の乱立による有資格者の増加という問題もあります。

一人当たりの診療報酬、治療できる患者さんの数も減り、その上に理学療法士が増えているわけですから、必然的に給与ダウンに結び付くんですよね。

保険手数の減少で影響を受けるのはPTに限らず、医師や看護師、薬剤師も含まれますが、理学療法士と違って人材不足が懸念されている仕事です。

中でも医師は今でも希少ですし、非常勤バイトで1日5万円以上稼げることもあるようです。友達に医師がいますが、今はアルバイトを繋いで生活しています。それでも他のアルバイトをするより、医師バイトは高収入が稼げるそうです。

理学療法士の場合は、有資格者が増えているため、保険手数の減少がダイレクトに給与に響いているのではないでしょうか

将来的に介護士レベルまで給与が下がる…とまで予測している方がいます。

それでも高給与、高収入を得られるPT求人はありますし、理学療法士求人に強い人材紹介会社に登録することで、好条件の募集が見つかるかもしれません。

「保険手数の減少で給与ダウンした…。他の仕事の方が稼げるのでは?」と理学療法士の仕事を辞めて異業種異業界へ転職する方もいますが、それよりもPTとしてキャリアとスキルを重ねた上で、病院や施設から「高給与を支払うのでウチに来て下さい」と迎えられるぐらい技術を向上させてみてはいかがでしょうか?

理学療法士として評判が高くなれば、良い条件で転職できると思いますし、そのために日々研鑽することも大切ですね。

同じ病院で昇給は望めなくても、転職することで比較的簡単に年収アップできるケースもありますので、まずは人材紹介会社へ無料登録して、求人探しを行うと良いでしょう。