理学療法士 求人・募集に強い転職サイト

現在、理学療法士へ転職をお考えの方に転職活動で役に立つ求人・転職情報をご紹介しています。

医療事故のリスク

理学療法士の仕事と医療事故の関係

理学療法士の仕事には医療事故のリスクがありますね。

治療中に骨折や筋断裂させてしまったり、急変してそのまま死亡する可能性もあります。

時にそのようなリスクを忘れてしまうこともありますが、理学療法士として常に責任があり、仕事内容が患者さんの怪我、命に直結する可能性も考慮しなくてはなりません

実際、不注意により患者さんが死亡してしまい、理学療法士が書類送検されたという事件もありましたし、そのようなニュースを見るたびに仕事へのプレッシャーが高くなると思います。

転職によって解消されるリスクではありませんが、それでも働く環境や周囲の人間によって「仕事のしやすさ」は変わりますので、ヒヤリ・ハットが多発している病院なら、早期に転職する方が良いかもしれませんね。

医療事故が起きた際、「誰が責任を取るのか?」は延々と議論されていますが、前述したように理学療法士が書類送検されるケースもあります。

コメディカルスタッフは医師の指示に基づき、リハビリなどの医療行為を行っているわけですが、実際に事故が起きれば責任を問われる立場にある、そのようなリスクと背中合わせの状況にあることは、常に考える必要があると思います。

対策としては、医療事故が起こりやすい病院や施設かどうか、事前に見極めることですね。

以前に同じような医療事故があり、理学療法士が責任を問われていれば、再発する可能性が無いとは言い切れません。それが確実に理学療法士の不注意による医療事故なのか、それとも医療行為が起こりやすい環境なのか…色々と考える必要があるかもしれません。

そのような相談についても、PT求人に強い人材紹介会社を利用することで、相談に乗ってもらえることがありますよ。

人材紹介会社は無料で活用できますし、専任のキャリアコンサルタントが付くことが多いので、現在の状況と希望する転職先を伝えてみて下さいね。