理学療法士 求人・募集に強い転職サイト

現在、理学療法士へ転職をお考えの方に転職活動で役に立つ求人・転職情報をご紹介しています。

理学療法士の悩みとして人間関係があります

人間関係が理由の転職について

理学療法士の悩みとして人間関係がありますね。

PTに限らず作業療法士や言語聴覚士にも共通していますが、職場の人間から陰口や悪口を言われたり、自分だけ明らかに当たりが厳しいこともあるでしょう。

そのような職場の悩みを解決するために転職を考えている方も多いと思います。そして実際に勤める職場を変えることで、人間関係の悩みから解放されるケースもあるんですよね。

特に仕事でミスをしたり、周囲に迷惑を掛けた経験がある場合、転職して心機一転する方が良いのではないでしょうか。途中から人間関係が険悪になることもありますしね。

それと共に、患者さんとの人間関係で悩むこともあるでしょう。リハビリの結果が出ない辛さをぶつけられたり、そもそも気むずかしい患者さんの場合は、仕事自体に辛さを感じてしまうかもしれません。

もちろん患者さんの気持ちも分かりますし、ストレスを抱えながらリハビリに励んでいる方が多いと思いますが、それでもあまりに気むずかしい性格の患者さんが多ければ、精神的に追い込まれてしまいますよね。

中には人間関係の悩みから鬱病になる方もいますし、日々のプレッシャーから不眠症になることもあります。そうなる前に転職を考えると良いでしょう。

人間関係で鬱病になる前に

私の身内も職場の人間関係で悩んでウツになり、長年精神科に通院して治療を受けていました。しかし一向に回復する気配がなく、追い込まれた末、自ら命を絶ちました。

まだ30代の働き盛りでしたが、職場復帰できずに亡くなったんですよね。その原因が職場の人間関係だったので、あまりに追い込まれていたり、ストレスを強く受けている場合は、まず退職してから今後のことを考えるようにしましょう

ただし最初は気むずかしいと感じた患者さんでも、症状が好転して感謝の言葉をかけてくれたり、笑顔を見せてもらえることで悩みが解決することもありますよね。

医療は接客業とも言われていますので、真摯な姿勢で接することで認めてもらえるケースもありますし、理学療法士として働く上で、乗り越えなければならない壁もあると思います。

その辺りの判断は難しいところですが、人間関係の悩みで朝起きられない状態が続くようなら、転職を視野に入れると良いでしょう。

理学療法士の求人案件を多数保有している紹介会社もありますので、まずは無料登録から始めてみて下さいね。