理学療法士 求人・募集に強い転職サイト

現在、理学療法士へ転職をお考えの方に転職活動で役に立つ求人・転職情報をご紹介しています。

キャリアアップに関する悩み

キャリアアップに繋がる努力を

理学療法士としてキャリアアップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

キャリアアップしたいけれども、どうすれば良いか分からない。有用な資格を取得すれば良いのだろうか…と考えているPTもいますね。

実際資格を取得してキャリアアップに成功したPTもいますが、日々の仕事に追われて勉強時間が取れない、給与が安いので勉強費に使えない方もいると思います。

しかし自身のスキルを磨き、キャリアアップに繋げるには、何かを犠牲にしなくてはなりません。時間がないと言っても、24時間を見直すとムダな時間があるかもしれません。

それでも時間がなければ、睡眠時間を削ってでも、PTとしてキャリアアップに繋がることに時間を注ぐ必要があるでしょう。

お金に関しても、無駄な出費を更に見直すことで、資格取得の費用に回せるかもしれませんね。

あとは理学療法士として経験を積むことで、自然にキャリアアップへの道も開かれるのではないでしょうか?

理学療法士と相性の良い資格とキャリア

理学療法士と相性の良い資格として、保健師や針灸マッサージ師、ケアマネージャー、福祉環境コーディネーターなどがありますが、資格だけ取得していても、転職によるキャリアアップは難しいかもしれません。

資格+経験があれば人事部も評価しやすいですし、面接担当者にも好印象を与えることが出来ますね。

もちろん今の職場でキャリアアップすることも選択肢の一つです。役職が付けば大幅な昇給も期待できますし、長期目線でPTの仕事に取り組むことで、少しずつ状況も好転するのではないでしょうか。

特に人間関係が良い職場、対人関係に不満がない職場は大切です。

理学療法士の転職理由を見ても、給与の低さと共に人間関係が上位に来ています。そして人間関係だけは、働いてみなければ分からない部分なので、運良く今の職場が人に恵まれている場合、あえて転職せずに働き続けるのも一つの選択肢になります。

しかし人間関係も良くない、年収も低い、仕事内容・役割がきついなど、理学療法士として働くモチベーションが低ければ、思い切って転職してキャリアアップを狙っても良いと思います。

あまりに短期間で転職するのは避ける方が良いですが、2年以上同じ職場で働いているなら、面接時のマイナス評価は少ないのではないでしょうか。

その場合、まずは理学療法士の求人案件に強い人材紹介サービスに登録してみて下さいね。心強いパートナーとして、あなたをサポートしてくれますよ。