理学療法士 求人・募集に強い転職サイト

現在、理学療法士へ転職をお考えの方に転職活動で役に立つ求人・転職情報をご紹介しています。

ボーナス支給後の退職について

退職時期はいつがいい?

すでに退職を考えていても、ボーナス時期が近ければ「貰ってから辞めたい…」と考えるのは当然かなと思われます。

ボーナスに関する取り決めは、各病院や介護施設の就業規則(給与規定)に記載されているのが一般的なので、閲覧可能ならチェックすると良いですね。

労働基準法的には、就業規則は閲覧状態が必須らしいですが、中には確認できないこともあるでしょう。その場合は他の理学療法士などに確認すると良いですね。

しかし基本的には、ボーナス支給後の退職、転職にペナルティはないと思います。支給条件として支給日に在籍していたり、算定期間としてボーナス前3ヶ月~6ヶ月間が対象になることはありますが、賞与支給後の退職に関しては取り決めがないのではないでしょうか。

もし何らかの罰則がある場合も、労基法や民法と照らし合わせて有効かどうかは分かりません。その辺りは専門的な法律知識になりますので、安易に断定は出来ませんが、基本的にはボーナスを貰ってすぐ退職しても問題ない、ということです。

ただし病院や介護施設の規模によっては、今までの貢献に対して支給されるボーナス、という意味合いよりも、今後への期待でボーナスを支給していることがあります。

その場合、支給を受けてすぐに退職するのは心象的にマイナスかもしれません。「飛ぶ鳥跡を濁さず」ではありませんが、現在の職場の印象を良くしたいなら、せめて1ヶ月は働いてから退職したいですね。

印象なんて関係ない、すぐに辞めたいと思われているなら、支給後すぐに退職願を提出すると良いでしょう。その場合は、ボーナス支給前から転職活動を初めて、次の職場を決める方が良いですね。

退職後に失業保険を受給しながら探そうかな、と考えている方もいますが、失業保険には待機期間があり、すぐに支給されるものではありませんので、しばらくは貯金を切り崩すことになると思います。

その分にボーナスを充てることも出来ますが、それだと賞与を受けるメリットも薄くなりますので、可能なら次の病院、介護施設を決めてから退職すると良いでしょう。

そして退職日の翌日から新たな職場で働く方が、次のボーナス算定期間を考えても、メリットが多いのではないでしょうか。

いずれにしても、理学療法士求人に強い転職サイトに登録して、仕事探しを始めてみて下さい。今の職場より高給与の求人案件が見つかるかもしれませんし、そうなればすぐに履歴書・職務経歴書を作成して、面接を受けると良いですね。