理学療法士 求人・募集に強い転職サイト

現在、理学療法士へ転職をお考えの方に転職活動で役に立つ求人・転職情報をご紹介しています。

訪問リハビリ 理学療法士求人

理学療法士として訪問リハビリテーションで働く

最近は病院以外に訪問リハビリテーションで働く理学療法士が増えていますね。

回復期リハビリテーション病棟で働きながら、ダブルワークでアルバイトしている理学療法士もいますし、給与面を比較しても大差ないようです。

ただし訪問リハビリテーションの中には、月給制以外にも歩合制を採用している職場もあります。その場合は成果に応じた収入体系になりますので、月によって変動もあるでしょう。

多いのは月給制、もしくは月給+歩合制ですね。完全歩合制は少ないようですが、理学療法士としてスキルに自信があれば、完全歩合制の訪問リハビリ求人を探しても良いと思います。

その辺りは各々で判断すると同時に、PT求人に強いコンサルティング型の人材紹介サービスの利用もおすすめです。

サポート体制が充実している転職求人サイト・人材紹介会社なら、適切な助言を得られますし、訪問リハビリテーションに関する情報収集も可能ですよ。

訪問リハビリの求人募集は探しやすい?

訪問リハビリの理学療法士求人数は地域によっても異なります。

やはり東京を中心とした関東エリアは求人豊富ですし、給与(時給)も高水準が多いですね。

横浜や大阪、名古屋も求人を探しやすいですし、福岡や札幌のような人口の多い地方都市も募集を見つけやすいと言えます。

日本は高齢化社会が進行していますので、今後さらに訪問リハビリテーションの需要は高くなるのではないでしょうか。

政府の方針としても在宅介護、在宅看護へ舵を切っていますし、病院としても医療費高騰により、早期退院を促している現実があります。

それに加えての超高齢化社会(平均寿命の伸び)がありますので、訪問リハビリのスキルとキャリアは、理学療法士として大きなチャンスになるかもしれませんね。

現状では訪問リハビリテーションよりも病棟・病院で働いているPTが多いでしょうし、その分、訪問リハビリで経験を積みやすいと思われます。

少々実務経験が浅くても、積極的に理学療法士を雇用している訪問リハビリテーションもありますので、まずは転職求人サイトを利用して仕事探しを行ってみて下さいね。

介護系求人に強い転職サイトを活用することで、早期に仕事が見つかるケースもありますよ。当サイトでも紹介していますので、参考にされてみて下さいね(求人サイトは無料で利用できます)。