理学療法士 求人・募集に強い転職サイト

現在、理学療法士へ転職をお考えの方に転職活動で役に立つ求人・転職情報をご紹介しています。

訪問看護ステーション 理学療法士求人

高給与で働きやすい訪問看護ステーション

訪問看護ステーションは高年収の求人募集が多く、病院から転職を考えている理学療法士も多いですね。

地域にもよりますが、月給35万円~45万円、非常勤のパートでも時給2,000円~3,000円で募集されるケースがありますし、正社員の場合はボーナスや各種手当が支給された結果、年収500万円~600万円も現実的です。

もちろん高給与を望めば望むほど、PTとしての経験が考慮されることは確かです。未経験やブランク期間が長い場合、高賃金の訪問看護ステーションには中途採用されないかもしれません。

しかし全体的に見て、病院よりも高給与・高時給で働きやすいですし、収入面を優先的に考えるなら、訪問看護という選択肢も良いですね。特に妻帯者で家族を養われている場合、月収10万円~15万円では苦しいですし、最低でも月に30万は欲しいところでしょう。

その条件を満たす転職先として、訪問看護ステーションは魅力的ですね。

訪問看護のニーズはますます高くなる?

中には「病院よりも経営基盤が弱いのでは? 倒産する可能性が高いのでは?」と心配されている方もいますが、国の方針として在宅医療、在宅看護へシフトチェンジする中、今後ますます訪問看護ステーションの需要は高くなる予測されています。

その過程で淘汰される訪問看護ステーションも出てくるかもしれませんが、その際も理学療法士としてスキルを磨き、キャリアを積んでいれば、次の転職先を探すのも容易ではないでしょうか。

少なくとも、病院より採用されづらいことは無いでしょう。もしくは訪問看護ステーションで経験した知識を元に病院で働くという選択肢もありますね。

訪問看護の仕事に携わると、介護保険や薬の知識、リスク管理、病態のアセスメントを深めに学ぶことになります。訪問時に理学療法士一人ということもありますので、必然的に患者さんの状態に気を使う必要があるんですよね。

そのような知識と経験は、確実にPTとして成長させてくれるでしょうし、訪問看護の現場で得たスキルが無駄になることは無いですね。

私の父も週に1回、理学療法士からリハビリを受けていますが、様々な職場を経験しているPTの方が安心できるようです。

病院以外に訪問看護ステーション、有料老人ホームなどを経験することにより、患者さんにとっても安心できる理学療法士として信頼されるかもしれませんね。

そのためにもまずは積極的に訪問看護ステーションのPT求人を探してみて下さい。理学療法士に強い紹介会社、求人サイトもありますし、無料で活用できますので、まずは会員登録から始めることをおすすめ致します。