理学療法士 求人・募集に強い転職サイト

現在、理学療法士へ転職をお考えの方に転職活動で役に立つ求人・転職情報をご紹介しています。

理学療法士の転職理由について

理学療法士の良くある転職理由

転職しようと思ったきっかけ、転職理由は必ず面接で質問されます。しっかりと転職活動をする中でまとめておく必要があります。

よくある理学療法士の転職理由としては、

といった事がよくある転職理由として挙げられるのではないでしょうか。

上記のように思いつくままに挙げた転職理由であっても、分類することが出来ます。

の3つです。

気をつけたいのは、3つ目の「ネガティブな転職理由」です。それはきっとあなたにとっては、正当な転職理由となるのでしょう。

代表されるのは、

です。

仕事内容と給料が見合っていない!と思っていても、もっと給料が低くても頑張っている理学療法士もいたりします。ですから、それを軸とした転職理由でアピールしても、面接を突破する事は難しいでしょう

欲望にはキリがないためです。金銭的な理由から転職をしたとしても、「もっと高い給料のところはないだろうか?」と探してしまうのでは、と思われてしまいます。

自分にとって正当な理由であっても、それを受け取る面接官は、「採用したとしても、どうかな?長く熱意を持って働いてくれるのだろうか?」と思っているものです。

転職する!!転職してやる!!と思っても、一度冷静に、客観的になって考えてみる必要があるかもしれません。

家族がいるのであれば、パートナーに相談することはとても大切です。

仮にどうしても現在の職場に我慢できず、仕事が見つかる前に退職する場合、家計をやりくりしてもらったり、サポートしてもらう必要があるためです。もしかすると、バイトやパートとして働きに出てもらう必要があるかもしれません。

また、子供達への影響も話し合う必要があるでしょう。

転職理由の建前と本音

本音の転職理由がもしネガティブなものだったとしても、履歴書にはそれをメインでは書けませんし、面接でもストレートに言うことは控えた方が良いでしょう。

理学療法士の求人募集への応募に際しては、ポジティブな転職理由を作り、それをメインとしてアピールする事が必要ですね。

転職は仕事上でも良いきっかけとなります。思い切って勉強したいと思っていた領域へ転向しても良いと思います。

今後需要が増えるであろう、訪問リハビリへ転職しても良いかもしれません。転職後、熱意をもって働ける仕事内容を考えてみる事も重要と言えるでしょう。

もちろん、今の仕事内容をさらに経験を積んでいくのもアリですよね。

転職というせっかくの機会ですから、より熱意を持って働く事が出来る職場探しをしたいですね。