理学療法士 求人・募集に強い転職サイト

現在、理学療法士へ転職をお考えの方に転職活動で役に立つ求人・転職情報をご紹介しています。

理学療法士の転職は履歴書が大切

履歴書・志望動機が重要です

理学療法士として転職をするにあたって、最も重要なのが面接です。

履歴書、職務経歴書などの書類選考は通っても、どうしても面接で不採用になってしまう・・・というPTの方も多いのではないでしょうか。

面接だとつい緊張して、上手く受け答えが出来ないんです。。という方もいるかもしれません。

しかし、理学療法士に必要な事は、患者さんの回復に真摯に取り組んでいけること。受け答えに関しては、ずっと「しどろもどろ」な感じで、よほどコミュニケーションが取りにくい人なのかな?と思われなければ、不採用に繋がるとは考えにくいです。

面接で不採用が続く場合には、その質問に対しての回答に問題がある場合が多いと思って良いのではないでしょうか。

特に、志望動機は重要となってきます。

理学療法士の転職 面接で重要な志望動機

志望動機を作るにあたり、立場によって重視すべきポイントが変わってきます。

新卒や社会人経験を経て理学療法士を目指す場合

新卒や社会人経験を経て理学療法士を目指す、という方の場合には、「どうして理学療法士になろうと思ったのか、どんな理学療法士として働いていきたいのか」

同時に、「どうしてこの病院、施設で働きたいと思ったのか」と言ったことを明確に志望動機としてまとめる必要があります。

リハビリテーションに関連した職業として、理学療法士の他にも仕事があります。

  • 作業療法士
  • 言語聴覚士

などもそうですよね。

どうして「理学療法士」なのか、といった事も説明すると説得力が増しますし、仕事に対しての熱意も伝わるのではないでしょうか。

既卒、理学療法士として働いている方の転職

対して、既に理学療法士として働いていて、何らかの転職理由によって他の職場を探している方の場合には、

「どうして転職しようと思ったのか(なぜ前・今の職場を辞めたいと思ったのか)」
「どうしてこの病院、施設で働きたいと思ったのか」

を重点的に質問されるでしょうから、これらに対してもしっかりと答えを用意しておく必要があります。

基本的には、面接官はネガティブな転職理由は嫌がります。それは、もし採用したとしても同じような理由で退職、転職してしまうのでは?と思うためです。

ですから、もし本当の転職理由がネガティブなもの(例えば人間関係)だったとしても、それを前向きなものに変える必要があります。

もし以前から訪問リハビリに興味を持っていたのであれば、それをメインに志望動機を作るなどする必要があります。

それぞれの回答の中で、ズレが生じないように気をつける必要がありますね。

理学療法士になろう思ったきっかけなども志望動機に入れると良いでしょう。それは今でも仕事に対してのモチベーションになっていると思いますし、心の底から思っている事であれば、どんな質問をされてもぶれることなく答える事が出来るはずです。

それであっても志望動機の作成が上手くいかない、上手くまとまらない、といった場合には理学療法士の転職をサポートする、PT転職サイトなどを活用してみてはいかがでしょうか。

例えば、業界トップクラスのPT求人など情報量を誇るPT/OT人材バンクでは、履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイスや、面接対策などのサポートも行ってくれます。

一人での転職活動で壁を感じている理学療法士の方も相談されてみてはいかがでしょうか。

理学療法士の求人・転職支援【PT/OT人材バンク】公式ページ

理学療法士おすすめ求人サイト

理学療法士の求人が掲載されているオススメ求人サイトをご紹介いたします。

まだ利用した事が無い方は、一度ご覧になってみてください。他の求人サイトよりも多くの理学療法士(PT)求人が掲載されていますし、リハビリ関係職機能訓練指導員の求人情報も多数掲載されています。

介護求人ナビ

「介護求人ナビ」には豊富な求人情報だけではなく、就職・転職ノウハウとして、

といったコンテンツも掲載されています。

まだまだ転職活動中、という理学療法士の方もご覧になってみてください。