理学療法士 求人・募集に強い転職サイト

現在、理学療法士へ転職をお考えの方に転職活動で役に立つ求人・転職情報をご紹介しています。

理学療法士は様々な分野で活躍している

病院以外の理学療法士の職場

理学療法とは、人々が健康で充実した生活を送れるように医療をするだけではなく、様々な分野で活躍しているのはご存知でしょうか。

理学療法は主に、病気やケガ、高齢などによって運動機能が低下した人々に対し、運動・マッサージなどの物理的な治療手段を用いて治療を行い、運動機能の維持、改善、回復を促し、社会や日常生活に戻れるまで治療を行う事です。

治療だけではなく、人々の自立支援、生活支援、健康増進、介護予防などの分野でも理学療法は活用されており、最近では教育や研究などの場面でも理学療法が活躍していると聞きます。

こういった理学療法の治療を行う方を理学療法士と言います。

理学療法士は別名PT(Physical Therapist)とも言われており、理学療法士になるには国家資格の免許が必要になります。そして、医学的リハビリテーションの専門的知識・技術を要する専門職になります。

理学療法士が活躍している職場にはどのような職場があるのでしょうか。

一般的には、理学療法士は病院で働いているイメージが強いと思いますが、上記でもご紹介した通り現在の理学療法は様々な分野や様々な場面で用いられています。

病院以外で理学療法士が活躍している職場は以下になります。

といった幅の広い職種で理学療法士は活躍しているのです。

理学療法士は医師の指示のもとで治療をする事が義務付けられていますので、病院などといったい医療関係の現場での勤務がほとんどになっています。

病院以外の職場でも理学療法士の存在は欠かせない

このように理学療法士が活躍している職場は多岐に渡りますが、共通している事があります。

それは、患者の自立支援、生活支援、健康増進、介護予防、要するにリハビリテーションを行っている点です。

理学療法士の必要性も年々右肩上がりになってきており、病院などではもちろん理学療法士の存在は欠かせません。

また、高齢化社会とも言われており高齢化が進む現在では、リハビリテーションを必要としている高齢者の方も多く、高齢者施設などの病院以外でも理学療法士の存在は欠かせないものとなってきています。