理学療法士 求人・募集に強い転職サイト

現在、理学療法士へ転職をお考えの方に転職活動で役に立つ求人・転職情報をご紹介しています。

気になる理学療法士の給料・年収は?

医療の仕事において理学療法士の給料は決して高いとはいえない

理学療法士として働いている方も、これから理学療法士になる!という目標を持って勉強されている方といらっしゃると思います。

どんな職業に就いている人であっても、自分が所属する業界の平均年収って気になりますよね。

自分のこれからの給料の伸びしろ、という事になります。言い換えると、これから将来的に自分の年収がどのくらいまで上がるのかを想像する目安になります。

医療の仕事において、理学療法士の給料は決して高いとはいえません。高いのは看護師、診療放射線技師なんですね。

平成24年の平均年収のデータでいうと、

となっています。

ちなみに毎年のように待遇改善が強く言われているホームヘルパーは、年収300万円を切っています。

理学療法士の平均年収は【394万円】となっており、決して悪い数字ではないと思います。

看護師の年収が高いのは、夜勤手当があるからで、夜勤がない看護師の給料はそれほど理学療法士とも変わりは無いという数字となるでしょう。

独身であれば十分な手取り給料かと思いますが、家族がいて、これから子供の学費やら住宅ローンやら、となってくると給料が足りないと感じる方も多くなるのでしょう。

その場合の選択肢として、転職を考える理学療法士の方が増えるのは当然なのかもしれません。

転職によって年収が上がるケースも

転職によって理学療法士として年収がアップするケースもあります。

しかし、逆に下がるケースもあります。ここは気をつけたいポイントです。

とはいえ、転職をする際には事前に年収が提示されますから、そこは気をつけて転職活動を進めれば良い部分です。

理学療法士(PT)の仕事を変えずに年収アップを成功させたい方は、PT転職支援を専門に行っている人材紹介会社の利用を検討してみて頂きたいと思います。

理学療法士として、年収アップを狙いつつ転職先をお探しになりたい場合、

マイナビ医療介護のお仕事

といったPT求人に強みを持つ人材紹介会社などの他、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人・転職 PT/OT人材バンクなどが業界内でも求人数多いですし、実績も豊富でおすすめです。

第三者から客観的に見て、転職成功の可能性と、年収の相場なども教えてもらえると思います。

利用は無料となっています非公開求人も多数ありますから、情報源として活用して頂きたいと思います。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人・転職 PT/OT人材バンク